アドネットワーク増加による制作量増加への各社の対応

2015/12/18
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ad:tech tokyo 2015から、セプテーニの神蔵氏、サイバーエージェントの吉田氏、トランスコスモスの類家氏、ブループリントの鳥居氏が登壇したパネルセッションをレポート。
広告クリエイティブ制作の現場では、運用型広告の急成長に伴い制作量が増加。リソースの確保や、海外外注におけるグローバル対策などが課題となっている。各社とも、勉強会を開くなどして教育やナレッジ共有に注力。
高品質なクリエイティブ制作の効率化、クリエイティブ価値の向上に取り組む。

2015/12/11 ad:tech tokyo 2015レポート 運用型広告により消費されるバナーの価値 D2Cスマイル
参照元:http://www.d2c-smile.com/201512115968
元の記事を読む