セブン&アイ、Googleの新サービスで、オンライン広告からの来店数計測できない課題を解消

2015/12/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

イトーヨーカドーでGoogleの「来店コンバージョン」を導入。
測定結果をデバイス別にみると、検索者の来店率はスマートフォンが10.4%、PCからの来店が7.2%。また、モバイル広告による1人あたりの来店単価はPCより約40%低く、費用対効果も高いことが分かった。
来店数をデジタルに視覚化でき、モバイル広告の来店への貢献が実証されたことから、セブン&アイ・ホールディングスの原田氏は「今後のテレビ、チラシ、オンライン広告への投資バランスをより効果的なものに変えなければ」との認識に立っていると語る。

2015/12/21 Google 新サービス「来店コンバージョン」測定機能をセブン&アイ・ホールディングスが導入し、オンライン広告からの来店数の可視化に成功 Google
参照元:http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/12/case-study-store-visit-conversions.html
元の記事を読む
タグ: