グローバルサイトリニューアル、顧客にいかに知ってもらうか「一緒に考える」スタンスで推進――クボタ

2016/01/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

1890年の創業以来、「対面販売と足で稼ぐ営業」に重きがおかれ、ウェブサイトは利用者視点でなく、ライバル企業に圧倒的に差をつけられていたというクボタ。その危機感を背景に2015年4月からサイトリニューアルプロジェクトを始動。
ウェブマスターの武元氏は、各事業部、各国へのヒアリングを重視して3カ月の期間を充てた。その後、出てきた課題を解決すべく、同社の「総合力」と「技術力」を伝え、ビジュアル要素をふんだんに盛り込み、部門ごとに紹介していた製品ラインナップを一覧化すると目的を掲げた。同社の全123サイトの役割の明確化も行った。

2016/1/13 お客様との対面販売が中心のBtoB企業でWebをどう活用すべきか? クボタのWebマスターに聞いた Web担当者フォーラム
参照元:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/01/13/21644
元の記事を読む