神戸市が、ウェブサイトのデザインをリニューアル

――より使いやすく、美しいサイトに

2016/02/05
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2016年2月1日、神戸市がウェブサイトのリニューアルを行った。

リニューアルを行ったのは、トップページ総合メニューページと各ページのヘッダー部分。

トップページにアクセスすると、美しい神戸の風景とともに大きな検索ボックスが現れる。これまでの行政サイトにはあまり見られない、大胆なデザインだ。

神戸市ウェブサイト

リニューアルのポイントは大きく3点。

1)検索機能の向上
サイト全体の検索機能を強化するとともに、トップページの検索ボックスの近くに「よく検索されるキーワード」を掲載。利用者が求める情報にこれまで以上にたどり着きやすくした。
2)情報発信力の強化
トップページでは、神戸の美しい風景や活気あふれる市民の活動の様子を写真や動画で掲載し、定期的に更新していく。さらに、最新の市政情報やイベント情報などのトピックスも目立つ位置に掲載することにより、トップページから「神戸市の今」を届ける。
3)デザイン性の向上
トップページのほか、総合メニューページや各ページ内のヘッダーについてもアイコンや色調を一新し、よりわかりやく機能的なデザインに変更。

神戸市は、「観光・文化・イベントページ」、「外国語トップページ」、「KOBEムービーチャンネル」についても、2016年3月31日までに順次リニューアル予定。

「外国語トップページ」では英語、中国語など7ヶ国8言語に対応。「KOBEムービーチャンネル」では、スマートフォンでの閲覧にも最適なデザインに変更するなど、「デザイン都市・神戸」に相応しく、積極的にブラッシュアップを行っていくという。

タグ: