ハースト婦人画報社が6年連続成長できた理由

2016/02/12
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「ELLE(エル)」や「婦人画報」などを発刊するハースト婦人画報社の代表取締役社長&CEOのイヴ・ブゴン氏に聞く。
日本の書籍・雑誌市場が11年連続で縮小する中、好調を維持。ここ5年間で、Eコマース、デジタル広告、デジタル雑誌などデジタル分野の売上は2桁伸ばし、既存のプリント雑誌も平均約7%増。
成功要因の一つとして挙げるデジタル化は、既存ビジネスの延長線上ではなく、トップから現場までがデジタル中心に考えるようマインドセットを変えたという。
女性向けオンラインメディア「コスモポリタン」では自社開発のCMS「メディアOS」を採用。人気の記事を瞬時に取り入れてサイトにアップロードでき、レスポンシブサイトを作成できる。流入先も確認でき、数字を見ながらエディトリアルのPDCAサイクルを高速に回す。
PVやUUだけに頼らず、ソーシャルメディアでの影響力などを含めてトータルで判断しなければならないとし、KPIとして、シェアビリティ(Share-Ability)とビジビリティ(Visibility)を重視していると語る。
【一部会員限定】

2016/2/10 ハースト婦人画報社 ブゴンCEOに聞くデジタル戦略、雑誌社が6年連続で成長できた理由 ビジネス+IT
参照元:http://www.sbbit.jp/article/cont1/30720
元の記事を読む