ECサイトのリターゲティングメール普及率、10%に増加

2016/02/26
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2015年夏通販EC売上上位500サイト(日本ネット経済新聞社が公表)を対象に、リターゲティングメールについて調査。
導入サイト数は、前回(2015年8月)の34サイトから50サイトに増加。業種別では、アパレルが12サイトで最多で前回の6サイトから2倍に増えた。
配信タイミングは、1通目が1日経ってからの配信が多く50%、2通目が1週間後で34.8%だった。
導入するECサイトは増えていくことが予想されるとし、カート離脱後1時間以内の配信が最も購買につながったというSeeWhy社のデータを紹介し、配信タイミングに課題があるとする。

2016/2/22 国内EC売上TOP500サイトにおける「リターゲティングメール」の導入調査レポート~2016年1月版~ ナビプラス ブログ
参照元:http://www.naviplus.co.jp/blog/2016/02/22/5123.html
元の記事を読む
タグ: