ダイレクトメールから生まれたA/Bテスト

2016/03/04
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ダイレクトメールは、正しく使えば顧客と中長期的な関係を築ける有効な施策であるとして、1900年代のダイレクトメール事例から、マーケティングの歴史を振り返る。
米石鹸メーカーのColgate Palmoliveが配布したクーポン付きダイレクトメールは、地元のショップで石鹸と交換できる仕組み。ターゲットとしていた主婦層に20万通配布し、1週間以内に2万通のクーポンが商品と交換された。
ほかに、無料試用で購買促進した歯磨き粉ブランドPepsodentや、自転車メーカーMead Cycle Companyの事例も紹介。
こうしたダイレクトメールの手法は、約100年前に、クロード・ホプキンス氏が発明。レスポンスを計測できる仕掛けを設け、この手法から、A/Bテストによる効果検証の仕組みも生まれた。

2016/2/29 マーケティング昔話―ダイレクトメールから生まれたA/Bテスト イノーバブログ
参照元:http://innova-jp.com/201602-history-of-ab-testing-and-dm/
元の記事を読む
タグ: