「カゴ落ち」対策メールを成功させる3つの最適化

2016/03/10
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

1つ目は配信時間の最適化。そのためにカゴ落ち後、購入するまでの時間を把握する。例示するSeeWhyの研究データでは、ユーザーの72%は初回訪問後の購入が24時間以内とされるが、業種・商材によって最適なタイミングは異なるため、テストを行って検証する。アパレル業界で有名なECサイトでコンバージョン率が140%アップした事例もあるという。
2つ目は配信シナリオの最適化。カゴ落ちメールはシナリオに沿ってクリエイティブを変え複数回配信する。2通目にクーポン付きメールを配信し、コンバージョン数を130%アップした例も。
3つ目はクリエイティブの最適化。繰り返しテストし改善していくことで、コンバージョン率を高める。キャッチコピーの有無で比較すると、それがあるクリエイティブの方がコンバージョン率1.6倍の結果が出たという。
【一部会員限定】

2016/3/7 CVR140%の事例も!カゴ落ち対策メールを成功に導く、最適化3つのルール ECzine
参照元:http://eczine.jp/article/detail/2803
元の記事を読む