あなたが手にしているものはスマートフォンではなくサーチフォン ――検索エンジン20年の変遷

2016/05/02
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Search Engine Landのダニー・サリバン氏が、この20年間の検索の変化を振り返る。
何か疑問が浮かぶと、かつては「誰かに尋ねる」という方法がとられていた。20年ほど前、そこに、検索エンジンという新たなパートナーが登場。情報を求めるプロセスに検索エンジンが革命を与えたとすれば、スマートフォンは「常にそこにある」検索を実現した、第二の革命の担い手だとする。
Googleが検索エンジンを完成させ、検索結果画面にはグラフィックが増え、予測検索やボットが欲しい情報にたどり着くエージェントとして機能し、マシンラーニングが取り入れられた。
また、マーケティングが変容し、少ない金額で大勢のオーディエンスに接触することができるようになった。検索はオンライン広告の原動力となり、米国内のオンライン広告の支出の半分を占めるまでに成長。パフォーマンスを計測できるマーケティングの基礎も築いたと言える。
全10のトピックを挙げ、変遷を解説する。

2016/4/27 ダニー・サリバン氏が目撃してきた、この20年間で検索エンジンに起こった10の変化。 SEO Japan
参照元:http://www.seojapan.com/blog/10-big-changes-search-20-years-covering
元の記事を読む