メルマガを新商品の予約開始に特化し高い購入率を実現 ――コトブキヤ

2016/05/10
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

老舗ホビーメーカーの壽屋は、直営のオンラインショップ会員向けにメルマガを配信。会員数は約62,500名。会員の男女比は4:6で、20代中盤層がもっとも多いという。
メルマガのコンテンツは新商品の予約開始に絞る。オンラインショップでの購入は会員登録必須のため登録者は購入意思が強く、メルマガ登録はさらに購入意欲の高い会員に絞られるため、登録者はメルマガ配信を待っている状態。無作為に送られるダイレクトメールとは性質が異なるとする。
会員の受信環境はスマートフォンが増えており、試行錯誤した結果、必要な情報だけを見やすく、サイトに移動しやすいようシンプルにする。
オンラインショップの売上に占めるメルマガを経由売上の割合は5%程度。購入率が非常に高いという。

2016/4/26 【メルマガ事例】コトブキヤに学ぶ、成果を維持するメルマガの位置づけとは メルラボ
参照元:http://mailmarketinglab.jp/email-marketing-case-kotobukiya/
元の記事を読む
タグ: