菓子、音響機器、アクセサリー。CVRが向上したECサイト改善事例を紹介

2016/06/14
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

アラタナが実際に手がけて改善した3事例から、CVRを上げるための打ち手を解説。
オリジナルブランドの菓子販売サイトでは、TOPページへの検索流入が多いが次のページへの導線が少なかったため、コンテンツや導線を最適化。想定されるユーザーのニーズに合わせてコンテンツを追加し、TOPページ流入者の直帰率、CVRが大幅に改善された。
音響機器の販売サイトでは、サイト内検索機能を利用するユーザーのCVRが他のユーザーと比べ約2倍と高かったが、1割前後のユーザーしか利用していなかったため、サイト内検索機能を目立たせた。同機能の利用ユーザーが1割弱増加し、全体のCVRも0.1~0.2%前後上昇。
アクセサリー販売サイトでは、カテゴリー系キーワードの流入が多く、競合との比較検討で負けている可能性が考えられたため、商品の特徴や類似品と比べた優位性を伝え、ランキングやユーザーレビューを追加した。
【一部会員限定】

2016/6/10 ECサイト改善、CVRが向上した3つの事例:お菓子、音響、アクセサリーECで打った施策とは ECzine
参照元:http://eczine.jp/article/detail/3170
元の記事を読む
タグ: