サイト改善、データを「時間軸」と「分割軸」でみて気づきを発見

2016/07/12
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

BtoBサイトの改善において、「時間軸」と「分割軸」の2軸で分析し、データから気づきを発見する方法を解説。実際のサイトアクセスデータなどを用いて考えながら学べる。
時系列でデータをみる際、トレンドから外れることには必ず原因がある。トレンドをみることで、サイトにおける規則性や想定から外れた値を発見することができ、それを分析することがサイト改善のヒントにつながるとする。活用できるツールとして、Googleトレンド、Google アドワーズの「キーワードプランナー」を勧める。
データを分割し、違いを浮き立たせることで気づきを発見する「分割軸」の例として、デバイス、新規・リピート、コンバージョンの有無、サイト内行動によるセグメントを例示。

2016/7/8 一から学ぶBtoBサイトでの「分析×継続改善」の実現 第5回:データを時間軸と分割軸で見て気付きを発見することの大切さ BtoBマーケティングラボ
参照元:http://www.onemarketing.jp/lab/web-marketing/web-analytics_113
元の記事を読む