リターゲティングメール活用のメリット、留意点を解説

2016/08/23
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

シナジーマーケティングが解説。
最適なコンテンツを最適なタイミングで最適なターゲットに配信できれば、メールは依然として有効なマーケティングチャネル。ウェブサイトへのアクセスや離脱、メールの開封やクリックなど、ユーザーアクションをきっかけに配信するリターゲティングメールは、見込み度の高いユーザーに訴求でき、ユーザーの興味が高まった瞬間にアプローチできるため、開封率、クリック率、コンバージョン率も高くなる傾向がある。
商品ページへのアクセスを配信タイミングとし、配信コンテンツはその商品のキャンペーン情報にするなど、コンテンツ・タイミング・ターゲットに関連性を持たせることがポイント。ツール選定には、目的を達成できる機能を重視することを勧める。
メールの開封率2倍、クリック率6倍になったBtoB企業の事例も紹介。
【PR企画記事】

2016/8/19 リターゲティングメールの始め方と活用する際に気を付ける3つのポイント LISKUL
参照元:http://liskul.com/retargeting-mail-13869
元の記事を読む