Google AdSense「関連コンテンツ ユニット」導入でユーザーの回遊を促進 ――amaze

2016/09/27
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

amazeが運営する「恋愛術のモテージョ」は10~30代の女性がメインターゲット。新規コンテンツの追加でユニークユーザー数拡大を、コンテンツの質の向上によってユーザーのリピート回数の増加を目標に日々改善。訪問あたりのPV数を増やすために、主に関連記事同士の内部リンクを充実させていたが、高精度で手間のかからない方法として「関連コンテンツ ユニット」を導入。
実装前後で比較して、PV数は+28%、平均セッション時間は+37%、ユーザーの1訪問当たりの閲覧ページ数が+20%に。ユーザーのデバイスごとにみると、スマートフォン版での効果はPC版の2倍近く高かった。ユーザーの回遊を促進し、広告の表示回数は71%増加したという。
同ユニットの精度を確認し、文章の内容を理解したうえでのレコメンドになっていると評価。精度直帰率は5.95%、離脱率は16.56%低下し、もともと設置していた自動抽出型の関連記事ボックスよりも、同ユニットの性能が高いとする。

2016/9/23 モテたい輝きたい女性のための恋愛情報サイト、恋愛術のモテージョ。関連コンテンツ ユニットを使っての成功事例 Inside AdSense
参照元:http://adsense-ja.blogspot.jp/2016/09/blog-post_23.html
元の記事を読む