コンテンツマーティングに対応した購買行動モデル「DECAX」

2015/12/01
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

インターネットの普及を受けて開発されたAISASモデルをベースに、IoT時代を見据えて発表された「Dual AISAS(デュアル・アイサス)」。
さらに、その視点を、コンテンツマーケティング領域に対応させた「DECAX(デキャックス)」を、電通デジタル・ホールディングスの内藤氏が考案。「Discovery」「Engage」「Check」「Action」「eXperience」の各段階を解説。
アウトブレイン ジャパンの嶋瀬社長は、これによりストーリーラインに沿って必要なコンテンツとKPIがわかりやすくなると語る。
コンテンツマーケティング市場は2016年末までに、2015年の数倍から十倍に拡大すると見込む。

2015/11/26 「コンテンツマーティング」対応の新たな購買行動モデル--電通・内藤敦之氏が提唱 CNET Japan
参照元:http://japan.cnet.com/marketers/interview/35073852/
元の記事を読む