広告費換算で年間100億円以上になる商品開発、認知、体験の活動をオウンドメディアで――CLUB Panasonic

2015/12/18
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

宣伝会議サミット2015から、パナソニック中村氏の講演内容を紹介。
2007年に、「販売に貢献する、新しい売りをつくりだす」ことを目的に設立し、現在会員数790万人、月間2.2億PV。PCからの入会会員は7割が男性で40代以上が59%。
購入商品の品番など情報を登録すると、プレゼントキャンペーンやアンケート情報が届くサービスを実施し、顧客データを商品開発に活用。
また、商品サイトへの誘導で、アップセル、クロスセルを促す。
レンタルによる商品体験にも取り組む。風呂場に持ち運びできるテレビ「プライベート・ビエラ」の会員限定お試しキャンペーンでは、レンタル体験者の購入率が未体験者の5倍になったという。
会員限定クーポンを使った商品体験イベントも。Suica、nanaco、Edyなど他のポイントと交換できる有償ポイントの導入により、ユーザーには実用性を提供し、コストを抑えた。

2015/12/14 オウンドメディア「CLUB Panasonic」の販売に貢献するCRM戦略 AdverTimes
参照元:http://www.advertimes.com/20151214/article212364/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!