オウンドメディアのコンテンツ範囲が事業ドメインと完全にマッチ――ライオン「Lidea」

2015/12/18
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

4つの情報サイトを一本化し、2014年10月に開設されたライオンの生活情報メディア「Lidea」。
「暮らしのマイスター」と呼ばれる5人の専門家が、ハイクオリティで信頼度の高いコンテンツを展開する。長年、独自に研究・開発してきた分野のため、コンテンツの素材は潤沢。
開設と同時に社内データを一元化して分析するDMPを導入し、マーケティングや広告戦略に活用。「Lideaのコンテンツ」→「データ分析」→「プロモーション」のサイクルを回す。
情報提供を通した販売店支援も実施。大丸百貨店とのコラボキャンペーンは3シーズン続いているという。
洋服の「絵表示」を入力すると、同社の「アクロン」で洗えるか判定する無料アプリ「これ洗える?」でもLideaのコンテンツは活かされている。

2015/12/16 生活情報のプロによる「1次情報」発信が 強力な消費者データを呼び込む DIAMOND online
参照元:http://diamond.jp/articles/-/83285
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!