ヴィレッジヴァンガード、「雑貨大賞」でWeb投票システムを導入

2015/12/22
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

前回(2014年)話題を呼んだ「雑貨大賞」。クリエイターの発掘を目的とした同イベントは、前回以上に注目が集まることが予想され、企画/運営するヴィレッジヴァンガードは、前回導入を見送ったWeb投票の実現や審査業務の短縮化/効率化のため、パイプドビッツのSPIRALを導入。
応募受付業務を大幅に省力化し、昨年比2倍弱の約1,500点の応募や、約2,000件の一般投票にも対応した。

2015/12/18 『雑貨大賞』の作品応募から投票・審査システムまでをSPIRALを活用して、わずか3日でスピード構築! パイプドビッツ
参照元:http://www.pi-pe.co.jp/spiral-suite/case/vvc/detail.html
元の記事を読む