普段から発信しているコンテンツをそのまま広告として活用――CreemaでのInstagram活用

2015/12/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

個人クリエイターの作品をインターネットで売買できるハンドメイドマーケットプレース「Creema」。4万人超の作家・デザイナーが出店し、20代から40代の女性が作り手、買い手の中心となっている。
ソーシャルメディアを2010年ごろから活用し、Facebook、Twitter、Pinterest、Instagramを運用。
Instagramでは、出品作品の写真をメインに投稿するほか、広告も活用。約1カ月半配信し、ブランド好意度を8ポイント、広告想起を9ポイント、ブランド認知を3ポイント上げた。
【一部会員限定】

2015/12/21 Instagramを通じて「作り手」と「使い手」にビジュアルで世界観を共有する――「Creema」の事例 (1/2) ITmediaマーケティング
参照元:http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1512/21/news026.html
元の記事を読む