「Instagramっぽさ」とブランドメッセージを両立――SUUMOの動画広告施策

2016/01/13
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

リクルート住まいカンパニーの担当者に「SUUMO」の動画広告施策について聞く。
若年層にSUUMOのブランドを意識してもらうことを狙い、従来のキャラクターコミュニケーションと違うアプローチを実施。
賃貸で一人暮らしをしている、一人暮らしに憧れている18歳~20代後半の女性をメインターゲットに設定し、15秒動画を合計9本展開。
接触者の広告想起は44ポイント上昇し、ブランド認知度は6ポイント向上したという。
この潜在層へのアプローチを経て、今後はプロモーション配信施策の連携や組み合わせを考えているという。

2016/1/7 “Instagramっぽさ”とブランドメッセージを両立させるには? SUUMOが進めた動画広告施策 MarkeZine
参照元:http://markezine.jp/article/detail/23574
元の記事を読む