有効なインサイトを得るためには、ユーザーの普段の行動や価値観の理解が必要

2016/01/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ビービットの宮坂氏、大谷氏がインサイト発掘の3つの事例を紹介。
食洗機の普及率が伸び悩む中、新商品を販売し前年同期比140%の売上を達成したナショナル(現パナソニック)。
市場が成熟しユーザーを惹きつけるのは難しい状況で、液体洗剤「ナノックス」を発売し、販売目標を30%上回る成果を上げたライオン。
男性利用客増の課題に向かい、前年同時期8%増加させたIKEA。
各社がそれぞれの事例においてどのようにインサイトを発掘し、それを活かして方針を変えて成功したかを解説する。

2016/1/12 インサイト発掘の事例【デジタルサービス開発の着眼点: 第2回】 beBIT
参照元:http://www.bebit.co.jp/info/column/digital-service-02-insight-example.html
元の記事を読む