リターゲティングの問題解決で期待されるデータフィードの可能性

2016/01/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

広告効果を評価されつつも、今ではユーザーに「うっとうしい」という印象を与えかねないリターゲティング。この問題を解消しうる手法として、リターゲティングにレコメンデーションを融合し、ユーザー価値を高めたダイナミックリターゲティングと、新規顧客が興味を持つであろう商品を見せることが可能なオーディエンスターゲティングを紹介。これらの手法で必要となるデータフィードについて解説する。
商品点数が多い業種では必須の配信手法と言えるデータフィード。今後は、ユーザーが興味を示す商品に密着させた広告に変化し、2016年以降は、動画対応し、ユーザーごとに最適な動画を配信する世界になってくると読む。
【一部会員限定】

2016/1/13 ネット広告は“リターゲティング無間地獄”からどう脱却するか? ITmediaマーケティング
参照元:http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1601/13/news021.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!