エノテカ、リクルートジョブズ、コニカミノルタが事例を紹介――Salesforce World Tour Tokyo

2016/01/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「Salesforce Marketing Cloud」の可能性を示した基調講演で、顧客との関係構築における段階別に導入企業が登壇。
ワインのインポーターであるエノテカは、店頭と同じくスタッフの知見が活きた体験をECでも提供すべく、購入商品で分岐したシナリオを構築し、カスタマージャーニーを組み立て、顧客への提案力を強化。
リクルートジョブズは、「リクナビ派遣」で、ユーザーの検索条件や閲覧案件などのデータを蓄積しウェブコンテンツやメールの内容を最適化。
コニカミノルタは企業ブランドの位置づけの定量的な把握やブランド施策の評価に活用する。
【PR企画記事】

2016/1/13 国内事例から探る、One to Oneカスタマージャーニーの構築&あらゆるシーンで顧客とつながる方法 MarkeZine
参照元:http://markezine.jp/article/detail/23595
元の記事を読む
タグ: