MAツールは手段に過ぎず、競争優位を生むのは運用

2016/01/26
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

「BtoB セールス&マーケティングサミット 冬 in Tokyo」から、イノーバ宗像氏のセッションをレポート。
日本は米国とスタート地点が違うことを指摘し、安易なMAツール導入に警鐘を鳴らす。同社でも、MAツールを1年間、メールの一斉配信ツールとして使っていたことがあるという。
MAツールの導入はプロセスを作ることであり、そのために顧客を引き付けるコンテンツが必須だとして、同社のMAツール「CloudCMO」を導入したニューズベースのケースを紹介。営業をよく知る担当者がコンテンツをリードし、競合他社が出さないような情報を提供することで差別化したという。
【一部会員限定】

2016/1/21 「コンテンツとMAは車の両輪であり不可分の存在」---イノーバの宗像氏 ITpro マーケティング
参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/010800162/010800005/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!