JTB、オムニチャネル化で「2017年には一定の成果」と自信

2016/01/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

i.JTB代表取締役で、2016年2月からJTB本社の取締役旅行事業本部長に就任し、ウェブ戦略とCS推進を担当する今井敏行氏に聞く。
JTBは2015年4月からオムニチャネル化を推進。第1フェーズとして、店舗とネットの顧客ポイントの共通化と、店舗スタッフが関わったオンライン売上実績の店舗への還元を進めた。店頭に売上実績が戻り「店頭とネットの両方を伸ばしていこうという機運が高まってきた」という。
2017年には第2フェーズとして、店舗とネットの一部予約システムを統一しオムニチャネル化を完成させる予定。これは店頭販売の強化にもつながり、他のOTA(Online Travel Agent)との差別化になると語る。

2016/1/27 JTBオンライン戦略で「一番の強みはリアル店舗」、今井社長が語るオムニチャネル化構想 トラベルボイス
参照元:http://www.travelvoice.jp/20160127-59624
元の記事を読む