広告運用で大切なのは「疑問を持てるか持てないか」

2016/02/02
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ネットフロンティアの奥川氏が、日本で利用できるDSPの違いや特徴を紹介。
YDNの一番の特徴はYahoo! JAPAN本体の枠に出稿できることだが、それ以外のネットワークの配信面とのパフォーマンス差が大きい。
GDNはデータの透明性が高く、Google Analyticsと連携して自由度の高いリターゲティングセグメントを作成できる点もポイント。
ほかにも、au(KDDI)のデータが使えるScaleOut、多商品のCPA案件でパフォーマンスの良いCRITEO、非DSP広告ではTwitter Ads、Facebook広告などにも言及。
代理店の良し悪しや運用者の心得についても語る。

2016/1/28 株式会社ネットフロンティアに日本市場でしのぎを削るDSP各社の違いについて聞いてきました fluct magazine
参照元:http://magazine.fluct.jp/2016/01/28/2272
元の記事を読む
タグ: