楽天市場、AdWords APIを利用しキーワードを自動グルーピング

2016/02/05
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

楽天市場の検索連動型広告のキーワード数は、モバイルからの検索語句の多様化・増加により、数百万へと拡大。手作業でグルーピングと広告設定をするのが困難になったため、Google AdWords APIを活用したキーワードグルーピングシステムを開発した。
キャンペーンとつなげ、検索語句のグルーピングから広告グループ生成とキーワード追加を自動化。これにより、限られたリソースの中で、関連性の精度を上げ、より細かく検索語句をグルーピングすることに成功。
PCでもモバイルでも、CTRは向上し、CPCを低減させた。

2016/2/1 楽天市場が AdWords API を利用したキーワード自動グルーピングシステムを開発。Micro-Moments を捉え、検索連動型広告のパフォーマンスを大きく改善。 Inside AdWords-Japan
参照元:http://adwords-ja.blogspot.jp/2016/02/automated-kw-grouping-system-to-capture-micro-moments.html
元の記事を読む
タグ: