企業の社会貢献活動におけるソーシャルメディアの可能性

2016/02/09
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

冬に多い猫の事故について認知を広める、日産自動車の「猫バンバン」プロジェクトを紹介。
TwitterやFacebookで拡散する手法は目新しいものではないとしながらも、自社製品が関係する社会問題を解決しようとする日産の姿勢が大きな共感を呼んだことに着目。
ソーシャルメディア全盛の現在、企業の社会貢献活動は消費者を巻き込んでこそ、大きな成果を生み出しうるとし、ヒューマンスケールの身近な問題に取り組むべきと説く。

2016/2/5 日産と猫 – 共感時代の企業活動はヒューマンスケールでなければならない ACTZERO
参照元:http://www.actzero.jp/social/report-15687.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: