開始3年で20万人を超え成長中。「ネスカフェ アンバサダー プログラム」

2016/02/16
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ネスレ日本の津田氏に、同社のイノベーション創出について聞く。
「ネスカフェ」の国内コーヒー市場は500億杯で、うち家庭内が62%で家庭外が38%。家庭外のシェアを高めるため、「職場」に着目。消費を増やす一方、職場を元気にし活性化させるためのソリューションとして、「ネスカフェ アンバサダー プログラム」が考案された。
この取り組みでは、職場にコーヒーとコミュニケーションを届ける「大使」=「アンバサダー」を募り、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を無料で貸与。コーヒーカートリッジの定期購入で代金を回収している。
着想のヒントには、阪神・淡路大震災の体験があった。
定期購入モデルはアンバサダーの離脱率を抑えるため採用したという。

2016/2/12 津田匡保氏(前編)~ネスレに学ぶ、顧客の課題解決の視点から生み出すイノベーション創出術~ WISDOM
参照元:https://www.blwisdom.com/strategy/interview/bcasest/item/10390-03/10390-03.html
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!