中国大手動画プラットフォームYoukuTudouの収益構造を分析

2016/02/23
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

YoukuTudouを分析し、動画プラットフォーム事業者の収益構造を読み解く。
売上の中心は広告収入。通信費用とコンテンツ費用の割合が大きく、売上原価だけで売上の80~100%を占めている。国内外のTVドラマやオリジナルコンテンツの買い付けを行っており、UGCやPGCで成り立っているYouTubeとは異なるが、おおむね他プラットフォームの収益構造もYoukuTudou同様と推測する。
Netflixは、限界利益率が高く、定額課金モデルの将来性がうかがえるが、通信とコンテンツ調達のコスト負担が大きく、広告のみでは採算性の確立は難しいとみる。

2016/2/18 動画プラットフォームの収益構造を徹底研究! UUUM CFO 渡辺崇の動画市場最前線
参照元:http://cfo.blog.uuum.jp/entry/2016/02/18/143516
元の記事を読む