国内総広告費は4年連続でプラス成長、インターネット広告が牽引――「2015年 日本の広告費」

2016/02/26
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

電通が発表した「2015年 日本の広告費」についての解説。
総広告費は前年比100.3%の6兆1,710億円。うちインターネット広告費は、同110.2%と2桁成長し1兆1,594億円。ネット広告の内訳は、媒体費が9,194億円(同111.5%)、制作費が2,400億円(同105.5%)。媒体費のうち運用型広告費が同121.9%と大きく伸びて6,226億円。
マスコミ四媒体広告費は、前年比97.6%の2兆8,699億円。プロモーションメディア広告費は同99.1%の2兆1,417億円。
現在、広告会社は媒体出稿以外にさまざまなビジネスを展開しているが、そうした部分が従来の広告統計に反映されていないことを指摘。広告会社の業務領域モデルを提示し、時代の変化に合わせ、広告費をより広い意味で捉えていくことが課題だとする。

2016/2/23 「2015年 日本の広告費」解説―インターネット広告費がリードし4年連続でプラス成長を達成 電通報
参照元:http://dentsu-ho.com/articles/3708
元の記事を読む