デジタルメディアの強みは透明性――米Facebookマーケティングトップが語るInstagram

2016/03/01
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

以前から写真を共有する文化が根づいていたことが、日本でInstagramが短期間で受け入れられた要因の一つとするマット・ジェーコブソン氏。
Facebookでは、企業が自らストーリーを語り、共感したユーザーがアクションを起こし、コミュニティがつくられていく。Instagramではユーザーとのコミュニケーション手段がビジュアルになるが、
ブランディング活用の仕方に大きな違いはないと語る。
双方向コミュニケーションができる現在、ブランドは短期間でもつくれるようになった。こうした変化に対応して成功しているケースとしてヨーグルトブランド「CHOBANI」とメルセデス・ベンツを挙げる。

2016/2/24 米・Facebook社マーケティングトップに聞くInstagramの日本市場の戦略 AdverTimes
参照元:http://www.advertimes.com/20160224/article218275/
元の記事を読む