ソーシャルメディア、3カ月で見たアシストコンバージョンは5~6倍――セシール

2016/03/01
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2010年からソーシャルメディア運用に取り組み、SNS運営の予算が確保され本格的に運用するようになったのが2013年4月。
TwitterとFacebookでセシール公式と特化カタログのアカウントを運用。オウンドメディア「おとなの暮らし新常識」の記事拡散にも利用する。
2013年~2014年には、Facebookでいいね!獲得のための販促予算で広告を出し、キャンペーンを実施。原則として賞品は自社の商品をプレゼントし、約3,000人から6万2,000人までファンを増やした。キャンペーン経由のファンは95%以上が非会員で、接点がなかったユーザーへのアプローチにもなっている。
ソーシャルメディアでの接触後数日以内のコンバージョンをアシストコンバージョンとして評価。直接のコンバージョンと比較して、3カ月で見るとアシストコンバージョンは5~6倍だという。

2016/2/25 ソーシャルメディアが当たり前の日常、カタログ通販のセシールがTwitter・Facebookを使う理由 Web担当者フォーラム
参照元:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/02/25/22031
元の記事を読む