予算配分やマーケティング活動の役割、役職などの面に変化

2016/03/10
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

米ITサービスマーケティング協会(ITSMA)が発表した報告書を紹介。米国企業をはじめとした世界の企業の、2016年のB2Bマーケティング予算や人員などをまとめている。
マーケティング予算は対前年比3.8%増。人員は対前年比6.1%の増。いずれも「微増」だが、予算はオンライン施策に積極的に配分され、調査対象企業全体で、予算配分比率がオンライン施策53%、オフライン施策47%。
「今後1~2年で新設を考えている役職」で最も多かったのは「編集長」(32%)で、コンテンツマーケティングへの注力が推測される。また、MAツールには引き続き積極的な投資があると予測され、デジタルマーケティングへのリソースの配分が進むとみられる。
【一部会員限定】

2016/3/8 予算や人員で大激変、水面下で始まったマーケティングリソースの再配分 ITproマーケティング
参照元:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/102900129/030700018/
元の記事を読む