CCCマーケティングと博報堂DYMP、ターゲティングメソッドを利用し新サービスを提供

2016/03/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ会社のCCCマーケティングが、博報堂DYメディアパートナーズと2016年4月から新たなマーケティングサービスを展開。購買データとメディア接触データを解析し、推定結果をターゲティングに活用する。
提供に先立ち、研究と実証実験を実施。CCCが有する5,700万人超の購買データと、テレビやSNSなどのメディア接触データ等を統計的に解析し、推定結果をターゲティングに反映。実証実験では、ノンターゲティングと比べ、購買効果で最大6倍、CTRで最大3倍の効果を上げたという。

2016/3/11 「購買データ」×「テレビ・SNSなどメディア接触データ」等による新たなマーケティングサービスを開発・提供 カルチュア・コンビニエンス・クラブ
参照元:http://www.ccc.co.jp/news/2015/20150311_004933.html
元の記事を読む
タグ: