Criteoが語る好業績の理由と日本市場

2016/03/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

シニアディレクターの天野氏に聞く。
Criteoの2015年第4四半期の決算で、売上高は3億6,200万ユーロと前年同期比55%増。日本では、市場の成長率を大きく超えるスピードで成長し、順調な1年だったと評価。
自社のポテンシャルを考える際には広告主のEC化率を注視。BtoC全体では20%成長で推移しており、この成長についていくことが重要だとする。
インフィード広告の配信はかなり増えていくとし、広告主の意図しない形で広告が出ないようクオリティを担保しつつ拡大配信できるかが課題だと語る。
2016年は、エンジン、バナーといったもともとの強みをさらに強化し、アプリとEメールに注力していく考え。

2016/3/11 Criteoに聞く業績躍進の理由と2016年日本市場の展望 [インタビュー] ExchangeWire
参照元:http://www.exchangewire.jp/2016/03/11/interview-criteo-platform-3/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!