携帯端末での支払い増加。なくなるレジカウンター

2016/03/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

レジが目につく場所にない、または完全になくしている高級ブティックや百貨店が増えており、こうした店舗では、店員が所持する携帯型の決済端末や店舗の隅で支払い処理が行われる。
バーニーズニューヨークがマンハッタンに開設した新旗艦店では、レジの代わりに、店員がiPadなどの携帯端末を使用しApple Payで決済。
レベッカミンコフの店舗でも、店員がiPadで支払い処理。試着室でPayPalのシステムを使って支払いをすることもできる。
バーバリーの米店舗では、買い物客は店内のどこででも、iPadを持った店員に支払えるようにしている。
ビクトリア・ベッカム氏が手掛けるロンドンの店舗は全ての決済がiPad上で行われる。
小売店は支払い経験を洗練させようと努め、レジ待ちの長い列に並ぶ必要を取り除こうとしている。

2016/3/11 「レジどこですか」は遠からず死語に-携帯端末での支払い増加 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
参照元:http://jp.wsj.com/articles/SB11901099142879894403204581591932330879932
元の記事を読む