搭乗前から搭乗後まで「線のサービス」をつくり込み、魅力的なブランド体験に――ANA

2016/03/15
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ANAは2012年に宣伝部、WEB販売部をマーケットコミュニケーション部傘下に統合し、オンライン/オフラインを一体化したブランド体験構築を目指している。
スマートフォンによるスムーズな搭乗を促進するなど、空港でのサービス提供で顕在顧客の利便性を高める一方、潜在顧客のニーズ創出にも取り組む。「若年層、女性、スマホ」をキーワードに、その条件に当てはまるキュレーションメディア「antenna*」でコンテンツを配信。読者情報をDMPに取り込み、データを資産化して、広告をはじめとするプッシュ型のコミュニケーションをとっているという。
【PR企画記事】

顧客接点をつなぐシームレスなブランド体験を 宣伝会議デジタルマガジン
参照元:http://mag.sendenkaigi.com/senden/201604/smartphon-branding/007646.php
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: