好評O2Oアプリ。スーパーを産地をつなげ市場活性化へ ――エブリイ

2016/03/18
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

広島のスーパー「エブリイ」は、データマーケティングを駆使してO2Oアプリを展開。施策開始から半年経過し、地方スーパーのコンテンツ化が進んだ。人気コンテンツでタイムリーな情報をアピールし、チラシ以上にアプリの効果を実感。来店促進施策のおみくじ企画では来店までのコンバージョン率31.5%と高い数字につながった。地域の消費者に合わせて各店舗で最適化していく。
スーパーだけでなく、地場産業育成、産地とのつなぎこみも重要視。生産地から消費の現場までのストーリーをコンテンツとして提供し、販売につながるコミュニケーションをはかる一方、さらに歩を進め、アプリから産地情報をリアルタイムに入手し、情報伝達のリードタイムを短くするプラットフォーム「みらいマルシェ」の構築に取り組む。

2016/3/16 食料生産者への「しわ寄せ」なくす IT産地直送で実現する未来の市場 ASCII.jp
参照元:http://ascii.jp/elem/000/001/133/1133177/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: