テレビとオンライン専門サービスは互いを補い合う ――ニールセン調査

2016/03/22
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

ニールセンのテレビとストリーミングに関するグローバル・オンライン調査によれば、回答者の26%がHulu、Netflix、Amazonなどオンラインサービス・プロバイダーとの契約を通じて放送やオンデマンド配信を有料で視聴しており、72%が従来のテレビ接続を通して有料の動画を視聴。
世界の回答者の65%が何らかの形でオンデマンド番組を視聴している一方で、68%は従来サービスを解約してオンライン専門サービスに切り替える予定はないと回答。
ニールセンのメーガン・クラーケン氏は、オンライン専門動画サービスの人気上昇はネットワークやケーブルテレビ、衛星放送プロバイダーにプレッシャーを与え続けるだろうが、本質的に置き換わってしまうことは起きそうになく、互いを補い合うものだとする。

2016/3/17 ニールセン テレビとストリーミングに関するグローバル調査の結果を発表  多くの消費者は従来型のテレビを解約しないことが明らかに ニールセン
参照元:http://www.nielsen.com/jp/ja/press-room/2016/nielsen-pressrelease-20160317.html
元の記事を読む