カーセンサー、Criteoのアプリ内広告を導入しCV数162%に

2016/03/24
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

リクルートマーケティングパートナーズは、運営する中古車メディア「カーセンサー」で、2015年の12月からCriteoのアプリ内広告「Criteo InApp Retargeting」を導入。この1、2年で大きくスマートフォンシフトが起き、コンバージョンするユーザーの流入経路が、PCの2倍近くまで増加していたことが導入の背景にあったという。
導入の結果、CPAは目標の86%、CV数は162%と大幅に改善され、この成果や運用のしやすさを評価。
今後は、スマートフォンのブラウザ上からアプリへの送客に注力し、長期的には、新たにコンテンツでユーザーとの接点を作り、ブランディングにつなげたいと語る。
【一部会員限定】

2016/3/22 CV数を162%改善! カーセンサーが導入したCriteoのアプリ内広告の魅力とは MarkeZine
参照元:http://markezine.jp/article/detail/23982
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!