アプリはウェブより訴求力が高い「ロイヤリティプログラム」 ――ファストメディア

2016/03/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

アプリ開発サービス「yappli」を展開するファストメディアにインタビュー。主にアパレルやプロダクトなどのメーカーや小売企業のマーケターから、アプリ開発の問い合わせが増加しているという。
所有感やプッシュ通知の開封率、利便性の高さなどの点で、ウェブよりアプリの方が訴求力が高い。このため同社では、アプリでさまざまなことができるようにすべく、あらゆる機能・顧客接点をアプリでシームレスに集約させる「オムニチャネル機能」を提供している。
yappliを活用してビジネスを向上させた事例として、クーポン利用率が42%となった「THE NORTH FACE」、プッシュ通知の開封率が70%となった「OLIVE des OLIVE」、アプリ経由のCVRがウェブの2倍以上になった「mix.tokyo」、導入から数カ月間アプリ経由のEC売上が毎週200%アップした「AZUL by moussy」、メインユーザーが40~50代で、プッシュ通知の開封率が50%以上の「NEW YORKER」の各ケースを紹介。
【PR企画記事】

2016/3/22 プッシュ通知の開封率70%、CVRはウェブの2倍超? ファストメディアに聞くアプリが与えるインパクト MarkeZine
参照元:http://markezine.jp/article/detail/24017
元の記事を読む
タグ: