正確なデータを技術革新と組み合わせ、個人に合ったリテール体験を

2016/03/25
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

Pitney Bowes Software社ディレクターのMarc Hobell博士が、小売業界におけるデータやテクノロジー活用の重要性を解説。
多くの小売業者にとって実店舗は依然としてオムニチャネル戦略の重要な要素。ECは3.2兆米ドルにのぼる成長著しい産業だが、Time Tradeの調査によれば消費者の85%は店舗で買い物することを選んでいる。
位置情報を利用し、顧客や見込み客を詳しく高精度に理解することが小売業に必要と提言。そこからインサイトを得てビジネス上の意思決定に役立てている事業者はリスクを最小化しているとして、役立つポイントを紹介。
また、企業にデータが蓄積されていても、統合されておらず手つかずであり得る点を指摘。シングル・カスタマー・ビューを実現して事業全体から集めた知見を集約し、消費者とオムニチャネルでアプローチできるようにするべきと説き、そのメリットを挙げる。

2016/3/22 小売の進化はデータを利用した顧客理解にあり ExchangeWire Japan
参照元:http://www.exchangewire.jp/2016/03/22/column-dr-marc-hobell-location/
元の記事を読む