リアル店舗で産地、流通をからめマーケティング実験 ――favy

2016/03/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

月間400万人が利用する外食特化型のグルメ情報メディア「favy」、飲食店向けの無料CMS「favyページ」を展開するfavyは、2016年2月に実店舗「C by favy」をオープン。開店以来満席が続いている同店舗は、昼はオフィスとして活用し、夜は飲食店として営業。
飲食店では各種マーケティングに取り組む。フルクラウド対応のレジシステムに顧客のプロファイルデータ、販売データを蓄積。飲食品メーカーのテスト販売、調査など、マーケティング施策を実施。飲食店の開拓支援事業は以前から同社の主要な収益だったが、リアル店舗の活用でより加速しているという。
favy代表取締役社長の高梨氏は、飲食店業界は情報が不足しているという強い懸念を持ち、飲食店にフォーカスしたデジタルマーケティングを手がける。飲食業界をより利益率が高い業界に変えていかなければならないとし、「favyは飲食店における、Googleアドセンスのような役割を担う存在にしていきたい」と語る。

2016/3/25 ムール貝食べ放題なぜできた?favyが語る飲食業界がそう簡単にデジタル化しない理由 ASCII.jp
参照元:http://ascii.jp/elem/000/001/139/1139204/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!