LINE、ビジネスプラットフォームのオープン化戦略を発表

2016/03/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

LINEが3月24日に開催した事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」をレポート。
LINEの累計登録ユーザー数は全世界で10億人を突破。MAU(月間アクティブユーザー数)は2億1,500万人(2015年12月末時点)に。
ビジネスプラットフォームのオープン化戦略を発表し、これに先立つLINEアカウント機能の拡張として、「ショップカード」「Coupon Book」「コマース」の3機能をリリース。ウェブサービス運営事業者向けの「Official Web App」は、自社のウェブサービスとLINEアカウントを連携させ、集客・アクション誘導・リピート促進まで、ユーザーの行動をLINEアプリ上でシームレスに完結させることができる仕組みで、2016年夏頃のリリースを予定。広告配信プラットフォームも機能拡張・オープン化する。
モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」はチャージ・決済の提携先を拡大。「LINE Pay カード」の発行も開始。ポイントも貯まる。
そのほか、スタンプ、ゲーム、キャラクター、音楽配信、ライブ配信など各事業についても、実績や利用状況、今後の展開を発表。2016年夏を目処にMVNO事業参入することも語られた。

2016/3/25 LINE、事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催 プリペイドカードの発行やMVNO事業に参入など発表続々 Social Game Info
参照元:http://gamebiz.jp/?p=158948
元の記事を読む
タグ: