「Adobe Summit 2016」開催。テーマは「Experience Business(顧客体験中心のビジネス)」

2016/03/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

米Adobe Systemsが、ラスベガスでデジタル・マーケティングに焦点を当てたコンファレンス「Adobe Summit 2016」を開催。
社長兼CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏は、企業は顧客にパーソナライズされたコンテンツを一貫性を持って提供する必要があると語り、バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャのブラッド・レンチャー氏は、企業は製品を売るのではなく体験を売るビジネスにシフトしていると指摘。
Adobeは2009年にウェブ解析ソリューションのOmnitureを買収してデジタル・マーケティング市場に参入。その後も製品ポートフォリオを拡充し、それらを包括した「Adobe Marketing Cloud」を提供する。2015年の同製品の売上はワールドワイドで前年比25%増加し、Fortune 500の約70%が同製品を導入しているという。
顧客企業として登壇した米マクドナルドは、マスマーケティングに注力し「One on One」を重視していなかったとの反省を踏まえ、1,000万ドルを投じてモバイルアプリを構築。顧客一人ひとりの体験を向上させることを課題とする。
英国の老舗銀行であるロイヤルバンク・オブ・スコットランドは、サイトで顧客の行動履歴を分析して、サイトとモバイルアプリでパーソナライズされたコンテンツが表示されるようにし、顧客とのエンゲージ強化に注力。個々の取引に対するメッセージもリアルタイムで送信できる環境を整えた。

2016/3/24 差別化のカギは「優れた顧客体験」 - Adobe Summit 2016が開幕 マイナビニュース マーケティング
参照元:http://news.mynavi.jp/articles/2016/03/24/adobe/
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!