広告マーケティング領域の人工知能。機械学習を活用したサービスを紹介

2016/03/29
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

マーケティング領域における人工知能活用をまとめる。
人間の知能の代わりを一部する=「弱い」人工知能による機械学習の活用事例として、MAにおけるコンテンツ最適化、小売店舗における品揃えの最適化、顧客サポートの自動化、DSPにおける広告入札設定の最適化、不正広告の検出や防止、キーワードやコピーのレコメンド、音声を認識する広告フォーマット、感情分析による広告効果計測を挙げる。それぞれの用途におけるサービスも紹介。
また、IBM Watson、Azure Machine Learningなど、現在利用可能なプラットフォームやAPI、ライブラリなどをまとめる。こうした、SaaSとして提供され始めた人工知能を実装するためのさまざまなサービスにより、人工知能活用の敷居は下がってきている。

2016/3/24 マーケティング領域で「弱い人工知能」はどう使われている? 機械学習の活用方法を考える MarkeZine
参照元:https://markezine.jp/article/detail/24107
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!
タグ: