4年で顧客500社超。ソフトバンクのデジタルマーケティング支援事業

2016/03/30
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

2012年からデジタルマーケティングの支援事業を始めてきたソフトバンク。
O2Oソリューション「ウルトラ集客」は、Yahoo!JAPAN上で広告を掲載し、誘導された店舗来店客が、ソフトバンクのクーポン発券機を利用し割引や商品との交換ができるというもの。
実施案件数は300件以上。全業種で平均30~50%ほど集客コストを削減したが、特に住宅、自動車、美容エステのカテゴリで効果が高く、小売業をはじめメーカーとの取り組みも増えているという。
ジェネレイトが開発した「GENERATE Marketing Automation」を連携させ、ユーザーがウェブ上で起こすアクションと、実際に来店して購買に至ったケースを全て数値化して分析。質の高い顧客に届く施策を追及している。
【PR企画記事】

2016/3/28 ソフトバンクのデジタルマーケティング支援事業、4年で顧客500社超えの理由とは? AdverTimes
参照元:http://www.advertimes.com/20160328/article219711/
元の記事を読む