重要なのは人々にもたらす体験。目的を持ったブランドの構築を

2016/04/01
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

電話会社は1億5,000万人をつなげるのに89年かかったが、Facebookが10億人をつなげるにはたったの8年しかかからなかった。世界はますますつながってきているが、企業と顧客の関係は離れてしまっているとして、企業価値のあり方を論じる。
多くの企業では、成長が重視され、長期的な視点に立った顧客との関係構築がなされていない。コンテンツマーケティングは量の追求になり、コンテンツ戦略は今なお検索順位を上げるために大量のコンテンツを生み出すことだとみなされている。
こうした点を指摘し、信頼できる確かなブランドになり、顧客のほうから探しに来るような存在になる必要があると説く。
また、アリエル・ジャクソン氏のフレームワークを紹介し、ブランドへの支持やロイヤルティを高め、利益を25億ドルから40億ドルに増やしたダヴの取り組みも例に挙げて、企業の位置づけを明確にするよう提言する。

2016/3/28 コンテンツ戦略だけでは不十分、その理由は……(前編) Web担当者Forum
参照元:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2016/03/28/22482
元の記事を読む
株式会社スペースシップ 人材募集中!