Instagram「動画60秒化」でもたらされうる事業メリット

2016/04/05
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • G+1
  • はてなブックマークに追加

MAUが4億人を突破したInstagram。ユーザーの動画視聴時間が過去6カ月間で40%増加し、動画の重要性が増す中、3月29日、投稿できる動画の長さをこれまでの15秒から60秒に拡大。今後数カ月で全ユーザーが利用できるようになるという。
モバイル広告企業MassiveImpactのCEOセフィ・シャピーラ氏によれば、YouTubeで4分ほどの動画はスタートから1分程度で視聴のピークを迎え、その後は離脱が増えるという。また、動画解析を行うTubularの調査によると、Facebookで人気の動画の平均視聴時間は約1分半。
60秒という枠は多くのユーザーに動画を最後まで閲覧されやすい。また、従来の15秒から延長したことで、よりリッチなメッセージを伝えることが可能になる上、ユーザーをフィード内に長時間滞在させることができ、リアルタイムの出来事の把握や検索ツールとしての価値の高まりも期待できるとする。

2016/4/2 インスタグラム 「動画60秒化」に隠された緻密な計算 Forbes JAPAN
参照元:http://forbesjapan.com/articles/detail/11713
元の記事を読む
タグ: